この先の人生設計に大きな変化

この記事は約2分で読めます。

前の投稿からだいぶ時間が経ちました。その間、一生懸命に勉強していたかと言うと、全く勉強することなく過ごしていました。それでも、次回11月の受験を決意して受験の申し込みを終えました。いままでの約2ヵ月の間、何をしていたのか・・・ (それなりに超多忙でした!)

今は持ち家に住んでいて住宅ローンも完済しており、夫婦二人で今後の高齢期を向かえたリフォームなどを想像していました。ところが、子供から2世帯同居を考えた中古住宅の購入を、具体的な物件を指して相談がありました。この急展開の背景や候補物件の状況などは複雑で紹介するのも大変なのですが、この2か月の間は、その物件に関わる様々な作業に追われて、平日は税務署へいったり、調査したり、不動産屋との連絡などなど。休日は東京まで行っての作業が多々ありました。中古物件を購入するのは、もちろん初めてです。それがこんなにも大変な事なのか、予想もしていませんでした。それでも、なんとか8月末には各登記を終了しました。 まだゴタゴタがありますが、9月はリノベーションの段階に移っています。我々夫婦が同居するのは、1年・2年先のことですが、私の人生にとっては大きな変化となった2か月でした。

やっと、CFP資格試験勉強への時間が確保できる生活のパターンに戻れそうです。すでに試験まで2か月となりましたが、まだ間に合うと思います。

前回の悔しい不合格を十分には原因分析が出来ていませんが、もう少しのところまでは達したという感はあるので、その方向で再スタートします。

タイトルとURLをコピーしました