日本FP協会の継続教育テストの2度目

この記事は約2分で読めます。

AFP資格の有効期間は2年間です。2年後までには資格認定更新に必要な単位を取得しなければなりません。単位の取得方法には色々ありますが、私はFPジャーナル(協会から送付されてくる月刊誌)に隔月で掲載される「継続教育テスト」を受験(990円)することで単位を取得することにしました。

この辺りの理由は、「日本FP協会の継続教育テストを🈠体験」(2021/2/06)で記載しましたので、参考にしてください。

今回4月号の受験で2度目になります。旬な話題を取り上げているので、FPの学習は辛い事が多いのですが、この継続教育テストで行う「誌上講座」の学習は好きです。

今月号のなかでは金融資産運用設計の講座が金投資の基礎知識でした。なかなか金についてフォーカスした学習はなかったので、最近の金価格の変動理由などの説明は大変面白かったです。

また、リスクと保険の講座では、保険料払込免除特約のポイントについての説明です。不得意分野の保険なのですが、「・・そうなんだぁ」、と関心させられる内容でした。というのは、基本保障の範囲内に保険料払込免除がある、ということを知らなかったからです。FPとして知らなかったのは問題かもしれませんが(笑)、一般は意外と知らない人が多いのではないでしょうか。

ちなみに、今回のテストは合格したので所定の単位を取得できました。

ということで、これからも継続教育テストは活用させてもらいます。

タイトルとURLをコピーしました